ピーリング

ピーリングとは

ピーリングとは

正常なピーリングを行い、健康なスキンケアのあり方について解説します。

 

ピーリングとは?

「ピーリング」とは、古くなった角質層を取り除くコトです。

 

人間の皮膚は、28日間の周期で基底層で出来た「表皮細胞」が
角質層まで上がっていき新しい角質層となります。

 

そこで古い角質は垢などになって剥がれ落ち(新旧の角質が入れ替わり)
新しい皮膚に生まれ変わります。

 

これを「ターンオーバー」と呼びますが、洗顔や洗髪、入浴などで落としきれなかったり、
ストレスなどで、「ターンオーバー」の周期が乱れ、 古い角質が表皮に少しずつ蓄積され、
ニキビや毛穴の黒ずみ、湿疹やかぶれ、皮膚の痛みや痒みなど、
さまざまな皮膚トラブルを引き起こします。

 

正しい「ピーリング」によって、「ターンオーバー」の周期を正しく保つ。

理想的な「ピーリング」は、角質層にある古い角質を「すべて」取り除き
スムーズに新しい角質に「すべて」入れ替え、新しい角質層を形成させるコトです。

 

正しい「ピーリング」が出来て、
初めて「ターンオーバー」の正常な周期が可能となり、皮膚本来の機能を取り戻します。

ターンオーバーとは?

「ピーリング」と「ターンオーバー」は、表裏一体。

 

ターンオーバーとは?

元の意味は、物事の入れ替わりやその速度・割合などを表す言葉です。
美容用語におけるターンオーバーの意味は、肌の入れ替わりを指しています。

 

生物の組織の元である細胞は、常に増殖→死滅→増殖を繰り返しており、
生体分子の合成と分解による動的平衡を指すのが、この「ターンオーバー」ということです。

 

合成化学の触媒反応においては、
一分子の触媒がどれだけの反応生成物を作り出せるかを表す指標でもあります。

 

ターンオーバーの仕組み

先ほどの説明を皮膚に置き換えると、「真皮層」の養分でで生成された「表皮細胞」が、
基底層→有棘層(ゆうきょくそう)→顆粒層→角質層まで上がって行き
「新しい角質」となり、「古い角質」と入れ替わって行くわけです。

 

ターンオーバー

一般的製品で使われる「ケミカルピーリング」。

一般的に言われる「ピーリング」効果とは、「ケミカルピーリング」を指すものがほとんど。

 

ケミカルピーリングとは?

このケミカルピーリングは、AHA(アルファハイドロキシ酸)に属する
酸の働きによって、古い角質を取り除く方法です。

 

しかし、肌に薬品を塗って角質層を剥がすことになるので、
その際に健康な細胞も剥がしてしまい、
結果的に肌を傷めてしまう危険性があります。

 

また、肌の弱い方、敏感肌の方などは、肌への刺激が強すぎ、
使用できないという方もいます。

 

最も肌に悪い点は、一般的なケミカルピーリング効果のある製品を肌に塗布すると、
化学薬品が肌に残留してしまう点です。

 

これが赤みや色素定着、
にきびなどの肌トラブル
を引き起こす原因となってしまいます。

 

ケミカルピーリングの危険性。

人間は本来、自分のカラダを自分のチカラで修復する「自然治癒力」を持っています。
スキンケアにせよ育毛剤にせよ、
ケミカル系の製品は自分の肌のためには、あまり使うべきものではありません。

 

代謝機能の正常化を素早く回復させるためには、
自己の持つ「体力・自然治癒力・抵抗力」の強化こそが、
根本的な自己細胞の活性化につながります。

 

人工的に生成された合成製品を使用すればするほど、
その人工的製品に対する抗体が増えてしまい、その場限りの単なる対処療法になってしまいます。

 

このような堂々巡りは、自分のカラダを痛めていくことになり、
自己の持つ「体力・自然治癒力・抵抗力」を弱めていきます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ソフトピーリング おすすめ ピーリングとは